すずきこどもクリニックの紹介


 すずきこどもクリニックは、「おかあさん(保護者の方)と一緒に子供の健康を考える」医療を目標にしています。これは、子供の病気の真の理解者そして介護者はおかあさん(保護者)であり、したがってその主治医もおかあさん(保護者)であると考えるからです。我々小児科医は、目の前にいる患者さんの病気を診察しただけで診断したり治療したりすることは不可能です。より正確な診断そしてより適切な治療をするためにはおかあさん(保護者)の協力が必要です。ふだんからお子様の健康に気を配り、病気になったときはその症状をわかりやすく説明していただくことが小児科医にとっては一番大事な診療の拠り所になります。


すずきこどもクリニックは平成1年8月に開業しました。
院長鈴木宗雄は昭和53年に北海道立札幌医科大学を卒業後、国立相模原病院(現 独立行政法人 国立病院機構 相模原病院)で小児科、アレルギーの研修を受けました。その後埼玉県立小児医療センター感染免疫アレルギー科、東京慈恵会医科大学小児科、神奈川県立厚木病院(現 厚木市立病院)小児科に勤務いたしました。
日本小児科学会、日本アレルギー学会および日本小児アレルギー学会に所属し、日本小児科学会専門医と日本アレルギー学会専門医の資格を有しております。
専門は、小児科および小児アレルギー科です。成人の診療は内科医療機関などをご利用ください。また、守備範囲を超える場合は適切な医療機関を患者の皆様とご相談の上紹介しております。